保湿剤ではないのに保湿力が強いのは何故?

 

保湿剤といえば、色々ありますが、

ファムズベビーは、他の保湿剤と何が違うのでしょうか。

 

 

ファムズベビーの保湿力

 

まず、ファムズベビーは一般的に言われている保湿剤とは少し違います。

 

それは、ファムズベビーに保湿する成分が

たっぷり含まれている訳ではなく、

 

ファムズベビーを塗る事で、肌のバリア機能を高め保湿する!!

と言う商品だからです。

 

肌荒れの多くは、生活環境などから受ける刺激によるものです。

 

そこで、ファムズベビーは肌が荒れてからのケアではなく、

その外的刺激から肌を守り、

肌トラブルを事前に防ぐ、ビフォアケアになっています。

 

今までのスキンケアは、美容液や栄養分を

肌にたっぷり与える事で改善する、と言うアフターケアの商品でしたが、

 

ファムズベビーは肌トラブルになる、

お湯、洗剤、乾燥などから肌を保護して、

肌が荒れてしまわない様にしてくれる製品になっています。

 

そこで、一番の違いが保湿力になります。

 

それは、他の保湿剤は角質層の上を覆って

皮膚にバリアを張るのですが、これですと、洗う度に取れたり、

 

衣類に触れて取れたりして、また塗る・・・

という事を繰り返さなければいけません。

 

しかし、ファムズベビーの場合は

角質層と共にバリアを張り保護する物なので、

 

手を洗っても、衣類に触れても、

汗をかいても取れず、一度塗ると約8時間効果が続くと言われています。

ですから肌の潤いを長時間逃がさず、

保湿効果があると言う訳なんです。

 

 

保湿力の強さの秘密とは!?

では、どうしてこんなに保湿力が高いのでしょうか?

 

それは、先程も説明した通り、

角質層と共にバリアを張るからなのですが、

 

今までの保湿剤から考えると、

角質層と共にバリアを張る事自体どう言う事なのだろうと思ってしまいますよね。

 

そこで、ファムズベビーの製品の特徴を調べてみました。

 

ファムズベビーのバリア層の粒子は

1000万分の6mmという超微粒子で出来ています。

例えば、ファムズベビーが3㎜とした場合、

花粉の大きさは10mの大きさになるそうです。

 

どれだけ、粒子が細かいか判りますよね。

 

つまり、皮膚呼吸を妨げる事も、

汗が出るのを妨げる事もなく皮膚を保護出きるのです。

 

また、ファムズベビーは、角質層と共に膜を張るので、

肌トラブルの原因である、

カビ、ウイルス、PM2.5などの細かい外的刺激からも守ってくれます。

 

この様な事から、肌荒れは改善するのではなく、

予防する事の方が大切だと判りましたね。

 

それには皮膚を保護する事が大切だと言う事になります。

 

どんなに優れた保湿剤を塗っても直ぐに取れれば、意味がありません。

 

ですから、ファムズベビーの様に、

肌トラブルが起きる前に、

肌を摩擦や乾燥から守るビフォアケアをする事の方が大切だと言えます。

 

>>ファムズベビーを最強の保湿剤としてお試しする!

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ